当サイトについて

頸椎椎間板ヘルニアの症状、治療、予防法や改善方法まで、
頸椎椎間板ヘルニアの改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネックを改善する方法

信じられないかもしれませんが、これからご紹介する方たちは
手術を受けることもなく、高額な薬やサプリメントを飲むこともなく
しかも 1日 5分間 のプログラムを実践するだけで
「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を改善しました。


続きを読む →

記事一覧

頚椎椎間板ヘルニア・頚椎症の治療

 

頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアの治療として行われる手術の方法は多様ですが、ここでは私が、頚椎症、頚椎椎間板ヘルニアの手術でもっとも多く行っている、頚椎前方除圧固定術について説明します。

頚椎断面

■首の断面

 

頚椎椎間板ヘルニアの様々な症状

 

首の骨や軟骨の異常によって起こってくる症状は以下の様に多岐に亘ります。

首・肩部症状 肩こり、首痛、背中の痛み、前胸部痛
腕、手症状 上肢の痛み、腕のだるさ、手のしびれ、手のむくみ、握力低下、腕の筋肉の萎縮
頭部、顔面症状 後頭部痛、頭痛、目の奧が痛い、眼性疲労、眼充血、耳鳴り、めまい、ふらつき
下半身症状 脚のつっぱり、歩行障害、尿コントロール障害、尿失禁

これら全身の症状は神経の障害によって起こってくるものです。

病状の悪化は1→2→3→4の順に進行してきます。

続きを読む

栄養療法

 

血糖コントロールの悪い糖尿病の患者さんの肩の痛みは治りづらいという報告を見つけたためです。確かに、当院でもリハビリでなかなか治らない肩の 痛みを訴える糖尿病の患者さんに糖質制限食指導をおこなったところ、みるみるうちに痛みが改善しました。
続きを読む

悪化させる食べ物

ヘルニアに悪い食べ物 1.ファーストフード

記事番号:9018/アイテムID:225062の画像

出典:http://ameblo.jp

ファーストフードが健康にとって悪い食べ物であることは皆さんご存知でしょう。
ヘルニアも例外ではありません。体内に不要な脂肪や食品添加物が多く含まれているファーストフードは、肥満に悪い食べ物であり、腰を圧迫しヘルニアを悪化させてしまうほか、筋肉量も減らしてしまう可能性があるので避けたほうがよいでしょう。

続きを読む

頸椎椎間板ヘルニアのリハビリ

 

頸椎椎間板ヘルニアのリハビリは、生活指導などが行われる段階の保存療法の中で行われることもありますし、手術療法の後の回復を目指して行われることもあります。首に激痛がある状態の場合は行いませんが、動いたときに鈍痛を感じるような症状であればリハビリが行われます。
続きを読む

処方薬の効果と副作用

1.処方薬1 病名;頸椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア、頸椎椎間板ヘルニアに伴う右上肢末梢神経麻痺、肩関節周囲炎、激痛に伴う睡眠障害

① トラムセット配合錠/2錠/日、朝・晩2回・・・椎間板ヘルニア、肩関節周囲炎および末梢神経麻痺に対する鎮痛効果に期待、中枢神経系の鎮痛剤、主成分;トラマドール塩酸塩(Tramadol hydrochloride) +アセトアミノフェン(Acetaminophen)

【効果】
服用量が少ないため、まだ明瞭な効果は確認できない
リリカと時間差で服用した時にある程度の鎮痛効果が確認できた
若干の鎮痛軽減効果はあるように感じるものの
効き目はせいぜい1~2時間
今後、用量を増やしてゆけば、効果が期待できそうだ
続きを読む

頸椎椎間板ヘルニアを改善する

 

 頸椎椎間板ヘルニア

首の骨(頸椎)は、7つ積み重なってできています。
その骨と骨の間には、『椎間板』というものが挟まっていて、首の骨(頸椎)にかかる負担を減らすクッションのような役割をしています。

『頸椎“椎間板”ヘルニア』では、
続きを読む

頸椎椎間板ヘルニアを予防する

 

デスクワークの人に多い頸椎椎間板ヘルニアは、日常生活の心がけで予防できる部分もあります。気を付けたい動作、予防のためになる工夫をご紹介します。

 

予防になること

血行を良くすると、頸椎椎間板ヘルニアの予防になります。具体的には泉や半身浴、軽いストレッチ、水泳などです。首を直接温めなくても、足湯やウォーキングで下半身の血流を促せば、全身の血行も良くなります。靴下や湯たんぽで足元を保温するのも、運動と同じように全身の血行を改善します。
続きを読む

頸椎椎間板ヘルニアの治療など

頸椎椎間板ヘルニアとは

ヒトの神経には、脳からの命令を手足に伝える役目を担っている運動神経と、手足や体の各部からの知覚情報(熱い・痛いなどの感覚)を脳に伝える知覚神経が あります。これらの神経は人体の中心部では背骨の中の空間(脊柱管とよばれます)に保護されるような形で存在しています(図1)。この部分の神経は脊髄と 名付けられています、頸部の脊髄からは手や肩に向かう神経が枝分かれしており、神経根と呼ばれています。各神経根は比較的狭い骨の間隙(椎間孔と呼ばれま す)を通って手や肩に向かっています(図2)。

続きを読む

頸椎椎間板ヘルニアとは

どんな病気か

 頸椎は7個の椎骨で構成されていますが、第1頸椎は環椎かんつい、第2頸椎は軸椎じくついと呼ばれ、第3頸椎以下とはまったく異なる形状をしており、椎間板が存在するのは第2頸椎以下です。

  椎間板は椎骨間で衝撃を吸収してクッションのような役割をしますが、クッションの表面が破れた状態、すなわち椎間板・線維輪に亀裂が入って内部の髄核が飛 び出した状態が椎間板ヘルニアです。椎間板機能の異常は頸部痛などを引き起こしますが、飛び出した髄核は頸椎内部を走行している脊髄や神経根といった重要 な神経組織を圧迫し、手足のしびれや痛み・運動麻痺などのさまざまな神経症状を引き起こします。好発年齢は30~50代です。

 近年、椎間板から脱出した髄核は自然吸収・消失の過程をとる場合があることがわかってきましたので、治療法も変わりつつあります。

続きを読む