当サイトについて

頸椎椎間板ヘルニアの症状、治療、予防法や改善方法まで、
頸椎椎間板ヘルニアの改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネックを改善する方法

信じられないかもしれませんが、これからご紹介する方たちは
手術を受けることもなく、高額な薬やサプリメントを飲むこともなく
しかも 1日 5分間 のプログラムを実践するだけで
「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を改善しました。


続きを読む →

記事一覧

頚椎椎間板ヘルニア・頚椎症の治療

頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアの治療として行われる手術の方法は多様ですが、ここでは私が、頚椎症、頚椎椎間板ヘルニアの手術でもっとも多く行っている、頚椎前方除圧固定術について説明します。

頚椎断面
■首の断面

頚椎前方除圧固定術の前方とは、体の前方で、のどのほうからということになります。
一般に、手術というとメスで切るイメージが強いのですが、前方からの場合、あまり使用しません。皮膚は少し切らなければいけませんが、しわの方向にあわせて、後で目立たないようにします。その先は筋肉などの境目を指などで押し広げて骨までたどり着きます。

頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアの場合、神経を圧迫している部分が、脊髄や神経根よりも前の方にあるため、前方から入っていくことで、原因となっている部分を 直接取り除くことができます。これを除圧と言います。比較的早い時期に原因となっている部分を取り除くと、はっきりと症状の改善が見られるので、医師のあ いだでは、切れ味のよい手術と言われます。一大決心をして、手術を受けられる患者さんにとっても、重要なことだと思います。

手術用顕微鏡
■手術用顕微鏡

この手術のめんどうなところは、操作する部分が狭くて深いところです。そこで手術用顕微鏡を使用しています。顕微鏡ですから、操作している部 分を大きく拡大できます。また顕微鏡の先端から明かりをともしますので影になるところがほとんどありません。なにより、二人の医師が向かい合って狭い範囲 を見ることができます。顕微鏡がなければ、頭と頭がぶつかって、同時に術野を見ることが困難です。
神経根のあたりを除圧する場合、血液がにじみ出やすく、除圧の作業と血液の吸引を二人で分担できるのはとても便利です。

除圧
■神経を圧迫している部分を取り除く除圧

除圧の際に、椎間板はかなりとってしまいますので、上下の骨の接続はゆるい状態になります。そして、その上下の骨を動かなくすることを固定術といいます。 固定術にもいろいろありますが、長所と短所をいろいろと検討した結果、現在はチタン製でネジ状のケージというものを使用しています。主な特徴としては、固 定力が強く、比較的早期に通常の生活に復帰できることと、体のほかの部分から骨を採取したりする必要がないことです。

固定
■上下の椎体骨を動かなくする固定

手術や麻酔の技術は年々進んでいますが、まったく手術をせずに圧迫因子を取り除くような夢の治療法はしばらく登場しないと思いますので、複数の病院で手術を勧められた場合などは、冷静に検討されることをお勧めします。

 

出典:Junichi Mizuno

 

頚椎椎間板ヘルニアの治療方法とは

頚椎椎間板ヘルニアの治療方法

 

頚椎椎間板ヘルニアの進行状態によりますが、各診断後に、どのように症状が出ていて、圧迫している神経や脊髄の状態、症状が進行しているかどうかを見極め、しびれや痛みが進行していたり、圧迫されている部位のダメージが見られる場合には速やかに手術となります。

我慢できる程度の軽い痛みやしびれが、進行する様子がない場合は、すぐに手術とせず、保存療法をとる場合もあります。頚椎椎間板ヘルニアでは3週間から3ヶ月を目処に保存療法をすることにより、不快症状が軽快・消失するとされています。

保存療法の方法としましては、症状が出始めの急性期はヘルニアを起こしている部位になるべく負担や負荷をかけないように安静にすることが第一です。痛みなどがある場合は、鎮痛剤などのお薬を服用し痛みや不快な症状を取り除く対症療法を取り入れ、頚椎の安静をはかります。また、なるべく首を動かさないように頚椎を保護するカラーなどの装具を付けて首を固定し、より安静が保てるようにします。

急性期がすぎると、牽引療法や温熱療法、ストレッチや筋トレなどのリハビリをしながら、痛みやしびれの軽快・消失を目指します。

 

普段からできる予防策

身体の中でも、重い部位である頭を支えている首は、常に負荷がかかった状態です。

普段から、姿勢をよくすることを心掛けるだけでも、首への負担を軽くすることができます。頭の先から、上に向かって糸でつり上げるようなイメージで首から背筋を伸ばし、正しい姿勢をキープしましょう。

また、血行をよくすることは症状の予防や改善にも有効的です。なるべくシャワーではなく、湯船にゆっくり浸かり血行促進をはかりましょう。

 

状態が安定している時にできるセルフケア

保存療法で経過をみているときに痛みやしびれが出ているときは、安静第一で無理に動かしたりしてはいけません。

既に頚椎椎間板ヘルニアの症状が出ている場合は、枕の高さを調節することで、痛みや違和感が軽減する場合があります。ご自分に合った枕の高さを見つけるといいでしょう。

状態が安定しているとき、比較的症状が軽い時、または頚椎椎間板ヘルニアの予防として、首のストレッチをすることで頚椎の血行が良くなり、温めることで凝りがほぐれたり、違和感が軽減したりします。

首のストレッチとして、よく知られている方法は、指を交差して手を組み、おでこに手のひらをつけぐーっと押します。その力に反するように頭を前に倒します。

また、おでこでなく、後頭部に手のひらをあて前方に押し出すように力をいれ、、頭は力に反するように後方に倒します。

これらをゆっくり10回程度ずつ繰り返しましょう。頸部のストレッチ、筋トレにつながります。

不快な症状がない場合は、適度な首のストレッチや筋トレは有効的ですが、素人判断で行うべきではありません。必ず、医師の判断を仰ぎましょう。

 

出典:Hapila

保存的治療(手術しない方法)

頚椎は7個の椎骨からなり前方部分と後方部分とで構成されています。前方部分は椎体と椎間板、ルシュカ関節、横突起よりなります。後方部分は椎弓根と椎弓、椎間関節、棘突起より構成されております。前方部分と後方部分とで囲まれたスペースを脊柱管(頚髄が通っている管)と言います。脊柱管の内には頚髄(首の脊髄)が存在し、頚髄からは左右8対の頚神経が枝を出しています。頚神経は椎間孔(頚神経が出で行く穴)から頚部~肩~上腕~前腕~手指へと下って行きます。

続きを読む

頚椎椎間板ヘルニアの原因と治療

ヘルニアとは、「飛び出す」という意味です。

椎間板ヘルニアとは、文字どおり中身である髄核が飛び出してしまう症状です。(右図→)

頚椎ヘルニアの原因として、20歳代からすでにはじまる椎間板の「加齢的変化」や、「不良姿勢」などの背骨にかかる負荷の積み重ねにより、線維輪がふくらんだり、亀裂が生じて中身である髄核が外にはみ出します。
続きを読む

診断・検査・治療について

 

まずは10秒テストを行います。これは、手の全指を握ったり開いたりするグー、パーの動作を10秒間に何回できるかをみるものです。

脊髄が障害されていると、指のすばやい動作がうまくできず20回以下になります。

X線検査(レントゲン)では主に骨の状態を見ます。骨折、骨の変形を見ます。
そのため神経の圧排でおこる、頸椎椎間板ヘルニアを診断することはできません。ヘルニアの存在は主にMRIで確認します。
続きを読む

頚椎椎間板ヘルニアの原因

 

脊椎は脊椎椎体骨が連なって構築されていますが、1つ1つの椎体骨の間でクッションの役目をしているのが椎間板です。その椎間板が後ろに飛び出した 状態が椎間板ヘルニアです。椎間板が神経根を圧迫するようになると下肢のしびれや痛みを引き起こしてきます。原因ははっきりとはわかっていませんが、危険 因子としては重いものを持ち上げる、押す、引っ張る、体をひねる、長時間の座り仕事や車

の運転、喫煙などがあげられます。
続きを読む

左手の指のしびれを解消する

 

頸椎椎間板(ついかんばん)ヘルニアと診断されて左手の指がしびれるとのことですが、指以外に上肢の痛みやしびれはないでしょうか。

脊椎(せきつい)には、上下の骨(椎体)の間に椎間板があり、その役割は▽脊椎の支持性と運動性▽加重や衝撃の吸収・緩衝-です。椎間板の中心部には、 白いゲル状の「髄核(ずいかく)」と、その周囲を取り囲むように同心円状に配列したコラーゲン繊維や軟骨組織からなる「繊維輪」で構成されています。
続きを読む

頸椎椎間板ヘルニアを改善させるには

どんな病気か?

頸椎とは、背骨のうち、頭蓋骨につながる7つの「椎骨」を指します。椎骨は、脊柱を構成する小さな骨で、椎体と椎体の間には、「椎間 板」という軟骨があります。椎間板は、「髄核」と呼ばれるゼリー状の組織の外側を、固い線維の層が何層も重なった「線維輪」に囲まれた構造をしており、脊 柱に加わるショックを吸収したり、首に安定性を与えています。年をとるとともに髄核中の水分が少なくなり、クッションとしての働きも衰えてきます。
続きを読む

椎間板ヘルニアの予防法

 

腰痛の原因は 脊椎、椎体を取り巻く筋肉、骨盤の異常によるもの、内臓に疾患を抱えるために起こるもの、心因性などさまざまです。
ふだんの生活の中で、「悪い姿勢」や「長時間、同じ姿勢」でいることは、腰に大きな負担をかけるので、腰痛が起こりやすくなります。腰痛予防は、まず、「姿勢を良くすること」から始めましょう。
普段、仕事で同じ姿勢でいなくてはならない人は、適度に休憩してストレッチをするなどしましょう。また、腰を支える筋肉を鍛えることも効果的です。
続きを読む

自然形体療法

 

椎間板ヘルニアは椎間板が飛び出した(ドイツ語でヘルニア)という意味です。

椎間板ヘルニアの原因は、下記の4つのいずれか、又は相互に関連した複合的状況から発生すると考えます。

 

1.精神的ストレス

2.睡眠不足

3.体の歪み

4.過労
続きを読む